最新情報

News

2022.06.14 [PRESSRELEASE]

Fan、仲介する口座数延べ1.5万口座、 仲介する預かり資産残高800億円を突破! – インフォグラフィックスを公開

金融商品仲介業者の株式会社Fan(本社:富山県富山市、代表取締役:尾口紘一、以下「Fan」)は仲介口座数延1.5万口座、仲介する預かり資産残高800億円を突破いたしました。これらを記念し、インフォグラフィックスを公開いたします。

■総評
IFAは「独立系ファイナンシャルアドバイザー」とも呼ばれる金融アドバイザーの一種で、中立的な立場で顧客の立場に立った金融アドバイスができることが特徴です。

金融先進国である欧米では、個人への金融商品の販売ではIFAが重要な役割を担っていますが、日本ではあまり浸透していませんでした。近年、IFAに転身する証券会社、銀行のコンサルタントが増え、IFAのメディア露出やセミナー数なども増加。中立的な立場の金融のプロがより身近になったことなどから、IFA利用者が大幅に増加いたしました。弊社においても仲介する預かり資産残高が20年3月の420億円から22年3月に800億円を超え、この2年間で約2倍に増加しました。

私たちは、今後もIFAが働きやすい環境づくりとともに、IFAと個人投資家の橋渡しを行なってまいります。

■インフォグラフィックス詳細
・仲介する預かり資産残高および口座数の推移

・従業員数の推移(パート、業務委託含む)

・セミナー参加者数の推移(延べ数)

・顧客年代割合(2022年5月時点)
Fanは幅広い世代を対象にアドバイスを実施。40代以下が約半数を占めています。

・投資信託の買付件数ランキング(2019年12月~2021年11月)

■株式会社Fanの詳細
2008年設立。富山県富山市に本社を構え、東京・名古屋をはじめ全国9箇所に支店や共同店舗を展開。資産運用の相談専門店「投資信託相談プラザ」を開設し、大手証券会社出身者を中心に52名のIFA(独立系投資アドバイザー) が在籍。2022年3月時点で、仲介する預かり資産は800億円を超え、延べ20,000人以上が当社のセミナーに参加しています。当社では運用方針として、顧客の人生のゴールを定め、そのためのプランを提示し、長期的、継続的にサポートする「ゴールベースの資産運用」の方針を掲げています。

社名    :
株式会社Fan
所在地   :
富山県富山市二口町5-8-13
設立    :
2008年12月
代表取締役 :
尾口紘一
事業内容  :
銀行代理業 北陸財務局長(銀代)第72号
金融商品仲介業 北陸財務局長(金仲)第35号
宅地建物取引業 富山県知事(1)第3189号
生命保険代理店、資産運用コンサルティングサービス、WEBインテグレーション、
企業型確定拠出年金コンサルティング

当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
当社は金融商品仲介業に関してお客様から直接金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

【所属金融商品取引業者等】
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社
団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融
商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第578号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リス
ク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。

上記の手数料等およびリスク等は、お客様が金融商品取引契約を結ぶ所属金融商品取引業者等(上記記載)の取扱商品毎に異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客様向け資料等をよくお読みください。

プレスリリースはこちら(PDF)